読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ソフトウェアの品質を学びまくる2.0

旧ブログからゆっくり移行中です。http://blog.livedoor.jp/prjmng/

JSTQB-ALシラバスのお勉強 - 1.1~1.5

資格

 JSTQB Advanced Levelの、学習内容についてのメモです。シラバスの読み合わせをする友人?いませんよ。
 日本語がたまに難解なので、英語版(ココにあります)も参照して英語修行。原文を読むと、たとえば「"Technical Test Analyst" module」とあり、「module」という言葉が「種別」といった意味で使われるのだなあと、なかなかに面白い。

 さて、第1章は、総論ですね。

1.2 ソフトウェアライフサイクルにおけるテスト

 1.2の要点は以下の通り。

  1. Sequential、Iterative、Incrementalと、どのようなソフトウェア開発モデルを選択したとしても、テストというプロセスはついてまわる。そしてそのテストプロセスは、開発モデルに沿ったものでなくてはならない。
  2. テストは独立したプロセスではなく、プロジェクトマネジメント、前工程である開発、後工程である保守・サポートなど、多くのプロセスと連携する。特に、構成管理と変更管理(Configuration and Change Management)が、テストにとって重要。

1.3.1 システムオブシステムズ

 1.3.1では、システムオブシステムズという言葉が出てきます。System of Systemsと入力するのも大変です。誰か早く「Soss」とでも略して定着させてください。

 システムオブシステムズ(単語登録済み)はシラバスにおいて、「共通の目的を達成するために、専用のマネジメントの構造を持たずにコンポーネントが協調し、相互接続するもの」と定義されています。PMBOKでいう「プログラム」に相当するものかと思いましたが違うようですね。

 どうも、単なるシステムと、システムオブシステムズに、本質的な境界があるわけではない。あるシステムの構成要素であるサブシステムが、それら自体で十分に複雑であったり、それぞれが別の手法で開発されていたり、相互のインタフェースが複雑であったりする時などに、そのシステムをシステムオブシステムズとして扱うべし、といっているように聞こえます。

 システムオブシステムズにおいては、各サブシステムより1段階高いテストレベルを考える必要があります。各サブシステムにおけるシステムテストが、システムオブシステムズにとってはコンポーネントテストレベルだったりするからです。

1.3.2 セーフティクリティカルシステム

 セーフティクリティカルシステムは一言でいうと、障害が起きるとヤバイぜっていうシステムのこと。例として、航空機のフライトコントロールシステムや、原発の炉心制御システムなどが挙げられています。
 そのテストマネジメントについては、後述とのことです。やっつけな要約で申し訳ない。

1.4 メトリクスおよび測定

 メトリクスについて、注意点を要約してみた。

  • 定義の明確なメトリクスを、
  • 必要で有用なもののみに絞り、
  • 導出はできるだけ自動化して、
  • 結果を速やかに報告せい。

1.5 行動規範

 この節は、読めば「うん、そうだね」ということばかりです。たとえば、

 認定されたソフトウェアテスト担当者は、生涯その専門性を磨くための学習を続けるとともに、実践の場でも倫理的なアプローチを広めなければならない。

 一生勉強する気のない人は、不合格!