読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ソフトウェアの品質を学びまくる2.0

旧ブログからゆっくり移行中です。http://blog.livedoor.jp/prjmng/

テスト技法学習のビッグウェーブに乗りたい気持ちと、頑ななる精神

テスト設計・技法

 今年のWACATEのテーマの1つがドメイン分析だったり、先日初めて開催されたJSTQBアドバンストレベル テストアナリストの試験でテスト技法の問題が大量出題された(らしい)りと、テスト技法の流行がまた来てるのでしょうか?

 テスト技法といえば、関東圏では2010年から2011年にかけて、秋山浩一さんの『ソフトウェアテスト技法ドリル』をテキストとしたソフトウェアテスト技法ドリル」勉強会が開催され、テストクラスタの人たちが肩を並べで学んだものでした。

ソフトウェアテスト技法ドリル―テスト設計の考え方と実際

ソフトウェアテスト技法ドリル―テスト設計の考え方と実際

 そんな昨今、ソフトウェアテスト関係と思われる方のこんなツイートから、境界値分析談義(Togetterまとめ)が繰り広げられていました。

 ツイ主の方はこの表を見てすぐに、境界値分析の例題みたいだと連想されたようです。確かにね・・・。
 まずこの表の数字は金額であると仮定すると、以下のようになります。

スパイス 料金
1番~5番 0円
6番~10番 0円
11番~30番 50円
31番~100番 100円

※別の器でスパイスを提供することも可能

 スパイス番号は1以上の整数であると仮定して出力値(この場合、料金)で整理すると、以下ですね。

スパイス 料金
1番~10番 0円
11番~30番 50円
31番~100番 100円
101番~ ?円

 なので、(型の境界とか抜きにして整数だけ考えると、)スパイス番号の境界値は0、1、10、11、30、31、100、101かなーと思ったのですが、にしさんがこんなことをおっしゃる。

 111番? 130番? 一体どこから出てきたんだ? 「2週目、3週目」「同じルール」とは?と混乱していたところ、秋山さんに補足をいただきました。

 この「足す」という発想がまったく理解できなかったのですが、なるほど、「器でスパイスを提供することも可能」という仕様と、「スパイスの辛さはスパイスの量に比例し、スパイスの量は番号に比例する」という仮定をおけば、そういう計算もできるかもしれない。もちろんにしさんご自身が

とおっしゃっているように、1番を101個頼めば、0円で「101番」を実現できてしまうわけですから、比例の仮定はきっとおかしいのでしょう。

 ただそういう点はともかく、この表を見て「101は無効同値クラスだ」って決めつけている時点で、わたしはテストエンジニアとしてイマイチすぎるんでしょうね。発想が老化しきっとる。
 そしてこういう発想というのは、技法の本を読んでいるだけでは身に付かず、他の人たちとの議論を通じて生まれる側面があるんですよね。

 ブログも勉強会もご無沙汰しているので、そろそろ復帰したいなあ。
 という気持ちと、これまでブログの見た目に飽きたこともあり、勢いではてなでブログを開設してみました。記事は徐々に移します。

 まあそれはそれとして、この記事の「辛さ」を「つらさ」と読むと、つらいです。