読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ソフトウェアの品質を学びまくる2.0

旧ブログからゆっくり移行中です。http://blog.livedoor.jp/prjmng/

数学的事実がすでに宇宙に内包されているというワクワク感

 全然ソフトウェアの品質を学びまくる話ではありません。
 Webでこんな記事が人気になっていました。下の絵は、この記事からの引用です。

nlab.itmedia.co.jp

20141201_01

 こういう計算トリックみたいなのは定期的に人気になるので、「へいへい、またですか」とちょっと斜に構えてしまいます。この記事で紹介されている「計算」の方法も、考えてみたら、次の演算を絵にした「だけ」なんですよね。

12 * 13 = (10 + 2) * (10 +3)
  = 1 * 10^2 + (2+3) * 10^1 + 2*3 *10^0
  = 156

 まあそんな風に考えてドヤ顔をしているわけですが、代数的な操作が「図」に置き換わっただけでまったく違うものに見えて、理屈ではわかってもやっぱり不思議です。
 さて、最近Qiitaに上がった、量子コンピュータの記事が面白い*1のですが、この記事では「計算」を次のように定義づけています。

qiita.com

計算とは数学世界の数学的事実を物質世界に変換・展開することです。

  2次方程式因数分解してもいいし、解の公式を使って解いてもいい。でも、2次曲線をグラフにしてみると、「X軸との交点」という形で答えが示されています(それをどう「読む」か、という問題はあるけど)。

 極端な話、「2+3」を、「指を2本折って、さらに3本折って、結果的には5本折れている」というのも「物質世界に事実を展開」しているってことですよね。ねとらぼの記事の計算方法も、いつもは数式で計算していたものを、図という別の「展開」をしているわけです。
 数学的なあらゆる答えを、宇宙がすでに包含している、あとは人間がそれをどう読み解くかだけ・・・って、むちゃくちゃワクワクしませんか? 「ラプラスの悪魔」とかすごく中二くさいですよね!
 そこで思い出すのが、Greg Eganの『ルミナス』という短編です。『ひとりっ子』という本に収録されていいます。
ひとりっ子 (ハヤカワ文庫SF)

ひとりっ子 (ハヤカワ文庫SF)

 

 宇宙に存在する無数の粒子が実は、悠久の時間と空間を使って延々と数学的な「真理」を演算し続けていて、しかしその「真理」同士には時に矛盾をはらみ、どちらが真の真理であるかを争っている・・・という荒唐無稽なお話です。この発想を、現実世界を紐づけるところで苦しさがあるのですが、イマジネーションをバチバチ刺激してくれる作品です。

 いつもながら結論がないのですが、Qiitaの記事、量子コンピュータの話になるまでずーっと迂回し続けるすごい内容です。

*1:しばらく経ってみてみたら、散々非難されたうえに削除されておりました。。量子コンピュータより前の部分は面白いのになあ・・・