ソフトウェアの品質を学びまくる2.0

旧ブログからゆっくり移行中です。http://blog.livedoor.jp/prjmng/

「テスト自動化カンファレンス2014」、盛況のもと終了いたしました! #stac2014

 本日12月14日、テスト自動化カンファレンス2014(#stac2014)でお話ししてきました。
 こういう場、人数、広さでプレゼンテーションをするというのは初めての経験だったので、お聞き苦しいところもあったと思います。特に後半、加速しまくっちゃいました。ごめんなさい。
 発表資料はコチラにアップロードされています。

 「1時間で」というだけあってモリモリ詰め込んでおり、読み飛ばしたところも多数ですし、そうでないところもスライドだけではよくわからん!というところが多いはず。
 つまり・・・、もうわかりますね? 本を買いましょう!
システムテスト自動化 標準ガイド CodeZine BOOKS

システムテスト自動化 標準ガイド CodeZine BOOKS

 

 まあ正直、販促したいわけではなく。

 この本がソフトウェアテストの自動化の土台的な資料となり、その先の議論をするための礎になってくれれば・・・と考えています。この本の内容を気に入るにせよ気に入らないにせよ、話をするための「たたき台」があるとないとでは、全然違うと思うんですよね。
 批判も含めて、テスト自動化の議論が盛り上がっていくことを願っています。売れることより、読まれることが嬉しいです。めっちゃいいこと言ったな~ 手打ちで<b>タグ書いてるだけあるなあ。
 翻訳者として熟読し過ぎた『Software Test Automation』、もう僕は客観的に判断することができません。みなさん、ぜひお手にとって、Amazonに好意的なレビューをガンガン(ry
Software Test Automation

Software Test Automation

 

  イベントのつぶやきまとめは、コチラに登場していました。まとめ者さん、ありがとうございます。資料も、connpassに上がってくると思うので、来場者のみなさん、また残念ながらおいでいただけなかったみなさんも、ウォッチしてみてくださいね。

 2015も絶対あるはずなので、期待していてください!
 一般の方には関係ありませんが、今回もまた、発表者の方々だけでなく、企画・調整から細かい作業まで引き受けてくださったSTARのメンバー、会場を提供してくださったヤフー株式会社のみなさん他、たくさんの人に支えていただきました。
 この規模のイベントをちょうどいい距離感で、ゆるく、しかししっかりと実現できてしまうこのコミュニティには、感謝の気持ちでいっぱいです。今回の翻訳プロジェクトで、それが少しでも返せたなら・・・と思います。
 本当にありがとうございました!