読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ソフトウェアの品質を学びまくる2.0

旧ブログからゆっくり移行中です。http://blog.livedoor.jp/prjmng/

「IoTデバイスをテストする能力」 #IoTテストアドカレ(10)

IoT

はじめに

 この記事は、IoTのテストに関するネットの記事を読んでいく、「IoTテスト アドベントカレンダー」の10日目です。二けた目突入したよ! 9日目はコチラ。

kzsuzuki.hatenablog.com

プロファイル

  • タイトル: 『The power of testing IoT devices』
  • 著者: Rohde & Schwarz
  • 参照サイト: Rohde & Schwarz

ポイント

 ワイヤレスなIoTデバイスにおいて鍵となるのは、正確な機能性、プロダクト利用期間における品質、そして性能である。IoTデバイスが普及し、ビジネスや個人生活により大きな影響を与えるようになると、それらへの期待も高くなる。  

ネットワーク接続性

 アプリケーションによってはグローバルなカバレッジ*1が必要で、LTE-MやNB-IoTといったセルラー*2の通信技術にフォーカスすることになる。 一方、多くのデバイスは、非セルラー系のワイヤレス技術(BluetoothWi-FiZigBee、THREAD、EnOcean、SIGFOX、LoRaなど)を用いる。
 複数のワイヤレス技術が共存しうることも含めて、IoTデバイスの通信の全体的なふるまいをテストすることが重要。「スマートメーターが地下にある」「モデムが高速移動する車の中にある」といったテストの条件や、「電池が10年以上もつ」といった要件から、設計の妥当性を確認しなければならない。

規格への準拠

 ワイヤレスデバイスでは、「適用される規格に準拠しているか」「事業者特有の要件に合致しているか」をテストする必要がある。

  • セルラー系のデバイス: GCFの要件への準拠。3GPPが定義したMTC機能に特化したテストを含む。
  • セルラー系のデバイス: ETSIやFCCが定義した規制の要件や、Bluetooth SIGやLoRa Allianceなどが定義した規格の要件を満たす必要がある。

 ワイヤレス技術のテストはこのように非常に複雑で、時間も食うしコストもかかる。Rohde & Schwarzは主要なセルラー系・非セルラー系の技術のテストおよび計測をカバーしてお...(続きを読む)

所感

 7日目の記事と出展が同じですね。通信方式と遵守すべき規格が山ほどあり、複雑きわまりないよという話とともに、「そこで弊社です!」的なトークに移っていく素直さに好感がもてます。でも確かに、ノウハウなしでこの世界に飛び込んでいくのは、玉砕ルートしかなさそうですね。

 略語がたくさん出てきたので、一部を確認しておきます。言葉を調べてメモしているだけですが。

LTE-MとNB-IoT

 こちらに2つの方式の説明がありますが、冒頭の文章から日本語率が低くてさわやかです。

LTEをベースとしたLPWAの主要方式には、NB-IoTとLTE-Mの2つがある。

 WikipediaによるとLPWAは「Low Power, Wide Area」の略で、Bluetoothなどの近距離無線(〜数十m程度)では満たせないカバレッジの無線の分類」だそうです。これまでの資料にも出てきたLoRa、SIGFOXなどはこのLPWAに分類されています。これらが免許不要のISMバンドを利用した特定小電力無線である一方、LTE-MとNB-IoTは免許が必要なバンドを使う技術です。すみません、この辺で勘弁してください。こちらに詳しい説明がありました。

wirelesswire.jp

 また無線通信規格全般について、Qiitaの以下の記事で最近の動向が説明されていました。こういう価値のある記事を読んでしまうと、我が身を振り返って泣きたくなってしまいますが。

qiita.com

GCF (Global Certification Forum)

 本家サイトによると、「GCFの認証は、製造業者が最新のスマートフォン、ハンドセット、ワイヤレスデバイスが世界のモバイルネットワークで正しく動作することを担保するためのもの」としています。NTTドコモ開示している資料によると、GCF認証試験として以下の2つがあるようです。

  • GCF Conformance Test: 端末が仕様準拠であるかのチェック(端末とシミュレータとの対向試験)
  • GCF Field Trial: 端末が複数オペレータNWとの相互接続性があるかのチェック
MTC (machine type communications)

 エリクソン・ジャパンの記事に読む限り、M2M通信と称しているものと本質的な違いはないようですが、「必ずしも人間の介入を必要としないデータ通信の一形態」と定義されているとのことです。

 とにかく無線ネットワーク規格の知識のなさが命取りになりそうです。

 11日目はコチラです。(12月11日の0時に公開されます)

kzsuzuki.hatenablog.com

*1:ネットワーク通信のカバレッジのことだと思います。

*2:バイル通信のために通信事業者が提供しているネットワークの技術、という意味です。