読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ソフトウェアの品質を学びまくる2.0

旧ブログからゆっくり移行中です。http://blog.livedoor.jp/prjmng/

「IoTアプリケーションで自動テストをどう生かすか」 #IoTテストアドカレ(12)

はじめに

 この記事は、IoTのテストに関するネットの記事を読んでいく、「IoTテスト アドベントカレンダー」の12日目です。11日目はコチラ。

kzsuzuki.hatenablog.com

プロファイル

  • タイトル: 『How Automation Testing can be Beneficial for IoT Application』
  • 著者: TechArcis
  • 参照サイト: TechArcis

ポイント

 自動テストは、IoTアプリケーション開発において最も便利で柔軟なアプローチと目されている。既存のアプリケーションやインタフェースの変更において、自動テストで以下のことを担保できる。

  • レスポンスタイムに問題がないこと
  • 複数のユーザが使用でき、分散環境にデプロイできること
  • インターネットを通して、あるいはローカルにデプロイできること
  • アプリケーションにおけるデータ検証が適切であること
  • リアルタイムデータが正確であること
  • 暗号化/複合化を通したアクセスコントロールされていること

 テスト自動化がIoT開発で必須である理由は以下。

  • IoTが、ITとWebサービス、そして従来の組込みシステムの複雑な合成であるため。テストも多彩でなければいけない。
  • 何でもすべてテストする必要があるため。センサーや温度計含めてすべてをテストするには、自動化が当然である。
  • 接続性とセキュリティが重要であるため。関係するプロトコルの幅が広く、サイバー犯罪の脅威に対応する方法に着目した、接続状態に関する様々なシナリオが必要である。

 IoTアプリケーション開発においては、自動化は選択肢ではなく必須のもの。
 システムの機能だけでなく、通常の使い方や普通でない使い方における、デバイスの信頼性や拡張性にも着目する必要がある。

所感

 これまでは自動化の話があまり出てこなかったのですが、ここにきてようやく重要性が言われ始めました。いくつかの記事でも触れられていましたが、組み込みからWeb/モバイルまでがつながることから、当然テスト観点も増加します。また加えて、考えられる組み合わせや状態も激増することから、自動化は必須なのでしょう。

 ただよく言われるように、価値のないテストケースを自動化したところで、価値はありません。テストを作る時点で適切なテスト計画・分析・設計が必要です。
 そうはいってもテスト設計、ましてはテスト分析はよくわからない・・・。そんなあなた(わたし)のために、テスト分析に関する勉強会が企画されています! これを勉強のキッカケにしてみてはいかがでしょうか!?

connpass.com

 13日目はコチラです。(12月13日の0時に公開されます)

kzsuzuki.hatenablog.com